ステム バフ掛け

  
トップブリッジバフったばっかりに、ここも気になってしまいやっちまいました。
取り敢えず#240サンドペーパーで

取り敢えず#240サンドペーパーからスリスリ

いつもならBEFORE・AFTER から入りたいとこでしたが、 画撮るの忘れてました。でも恐ろしいぐらい汚れていたので、見せなくて正解。今回は殆ど機械ツールなど使えない形状(デコボコ)なので、ただただ無心にひたすら我が手を使い擦りまくりました。#240でベース(下地)を作っみました。深めの傷みたいなんに入り込んだ黒くなっている油汚れが落ちてない。
今度は#180で

今度は#180でスリスリ

数日間掛けて#180で下地を作り直してみました。下地をしっかり作っておかなきゃ半端な鏡面になってしまうことぐらいはかなり経験しているから、ここは妥協せず次なる策でやってみます。
表は割りと簡単

表は割りと簡単

表側は#240で割りと簡単でした。でもかなり時間かかってますけど下地出来ました。勿論機械なんぞ使っちゃいませんよ。 ただただひたすら無心にゴシゴシゴシっと。
問題なのは裏側なんですわぉ。
ワイヤーブラシで裏側

ワイヤーブラシで裏側

良く考えてみるとこの方法がありました。
(2009.04.14)
裏側はかなりちっこいワイヤーブラシで。
はじめっからこれでやっときゃえかったのにね。
下地終了

下地終了

黒ずんだところを集中的にリューターで磨く。
かなりキレーになり納得行くベースが。
イキなし完成! 作業省略

イキなし完成! 作業省略

こんな時期(梅雨)なので晴れてる時間ありゃ磨いてました。これと言って特別な方法を使ったわけではありませんので作業省略。下地からサンドペーパーで320→600→1000番
仕上げはブルーマジック。
若干磨き傷ありますがヨシとします。
完成 左側

完成 左側

ボルトの汚れ気になりますが
萌え↑
完成 右側

完成 右側

作業終了後暫くオブジェと化します。
達成感でヤニが超ウメーこと。
ステムバフ掛けの説明は以上です。
しまい
ページトップ