BuddyPress(ワードプレス プラグイン)の子テーマは必須。作成方法

Comment(0) | Trackback(1)

Categories | ブログ(WordPress) BuddyPress


BuddyPress(ワードプレス プラグイン)の子テーマは必須。

作成方法を紹介します。

 

プラグイン「BuddyPress」は、当サイト内(KAWASAKI Motorcycle Q & A)にて、

DW Question Answer」のアイテムとして利用しています。

そして、独自にプラグインBuddyPressの「style.css」をいじり、

レイアウト等変更しています。

ところが、BuddyPressは不定期にバージョンアップされます。

その際、独自に変更した内容に上書きされ、

手を加えた全てのデータが消えてしまいます。

結構ショックなことです。私がそうだったように。

 

◆ プラグイン(テーマ)の子テーマを作る概要

独自にカスタマイズしたプラグインに、アップデート(上書き)されることを回避するための措置。

独自にカスタマイズしたテーマ(プラグイン)を「子テーマ」とし、

親テーマがバージョンアップされても、子テーマの情報を親テーマに継承する構築法。

 

BuddyPress管理サイドのコメント

bpデフォルトの子テーマを作成することは、BuddyPressテーマを作成するための最も簡単で将来に適した方法です。 bp-defaultテーマの機能を利用する以外に、自分のニーズに合わせて調整することができます。 bp-defaultテーマを拡張することで、コアbp-defaultテーマファイルを維持しながら、JS、AJAX、および必要に応じてCSSのすべてのテンプレートを継承します。 BuddyPressの新しいバージョンが更新されたデフォルトテーマでリリースされると、あなたのテーマはそれと一緒に自動的に更新されます! (1)子テーマにコピーして調整するか、(2)子テーマディレクトリに新しい「同名」のテンプレートファイルを作成するだけで、親テーマテンプレートを上書きできます。 独自のCSS、JS、AJAX機能を追加することもできます。

参考まで

Building a Child Theme of the BP Default Theme

 

それではBuddyPress子テーマ作成の説明に入ります。

 

1. デフォルトテーマ「bp-default」フォルダをまるごとコピー&ペースト

BuddyPressのテーマが置かれている階層は、

wp-content/plugins/buddypress/bp-themes/bp-default

この「bp-default」が BuddyPress のデフォルトテーマになります。

通常バージョンアップされると、ここが更新されます。

そしてここにペースト ↓

wp-content/themes/bp-default

※ 属性(パーミッション)は「755」。

 

ワードプレス本体で認識されているか、確認してみる。

ダッシュボード > 外観 > テーマ

01 02 BuddyPress(ワードプレス プラグイン)の子テーマは必須。作成方法

 

2. 子テーマフォルダ「BuddyPress-child」」を作成してアップロード

デスクトップに新しいフォルダを作り、フォルダ名を「BuddyPress-child」に変更。

 ↓ ここにアップロード

wp-content/themes/BuddyPress-child

※ 属性(パーミッション)は「755」。

 

 

3. style.cssファイルを作成し、BuddyPress-child にアップロード

style.cssに下記記述。

/*
Theme Name: BuddyPress child
Theme URI: http://example.org/themes/BuddyPress-child
Description: プラグイン「BuddyPress」の子テーマ
Version: 1.0
Author: xx
Author URI: http://example.org/
Template: bp-default
Tags: buddypress, two-column, grey, dark
*/

 ↓ style.cssはここにアップロード

wp-content/themes/BuddyPress-child/style.css

 

Theme URI/Author/Author URI: 任意のものに変更してください。

Template:bp-default
WordPressにBuddyPressのデフォルトテーマ(bp-default)を親テーマとして使い、そこからすべてのテンプレートを継承することを伝える。

 Tags:buddypress, two-column, grey, dark
BuddyPressと互換性のあるテーマを使用していることをBuddyPressに伝えます。

 

 

4. functions.phpファイルを作成し、BuddyPress-child にアップロード

functions.phpに下記記述。

<?php
if ( !function_exists( 'bp_dtheme_enqueue_styles' ) ) :
    function bp_dtheme_enqueue_styles() {}
endif;
?>

 

デフォルトテーマ(親テーマ)と子テーマを紐付けします。

「functions.php」に下記記述。ファイルが置かれている階層は

wp-content/themes/BuddyPress-child/functions.php

 

(注意)文字コード(エンコーディング)を必ず「UTF-8」にして保存すること。

これを怠るとまともに動きません。

 

正直なところ、今回の構築が上手くなされているかの検証していません。

何故なら、バージョンアップはまだしていないし、カスタマイズもね。

当サイトにてBuddyPressのバージョンアップした時、問題があれば追記したいと思います。

しまい

TAGS: / / / / | 2019年2月8日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です