【HTTPS化】(SSL対応)にする方法 XREA編

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | ホームページ SEO


【HTTPS化】(SSL対応)にする方法 XREA編

 

https 01 【HTTPS化】(SSL対応)にする方法 XREA編

 

1. XREAサーバーの設定

XREAでのSSL設定マニュアルを参照

https://www.xrea.com/support/manual/security/free/

簡単に解説。

XREAサーバーにアクセス(新コントロールパネル)

左バーの「サイト設定

サイト一覧から変更するドメインをクリック

サイト設定の変更

無料SSL にチェックを入れ「サイト設定を変更する」ボタンがをクリック

※ すぐには反映されない(反映には通常5分~10分程度)。

 

 

2.HTTPS混在エラーを避けるHTML記述に変更

内部リンクは、ドメインを指定しない相対パスに変更する。

src=”https://www.example.com/xxxx.html”

src=”xxxx.html”

 

外部リンクも「https」サイトのほうが良いが、

これは諦めることにする。

 

 

3.301リダイレクト設定

「.htaccess」ファイルで、「http」から「https」に、強制的に飛ぶように設定する。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]

 

 

4.ワードプレス(WordPress)のURLを変更

管理画面でURLを変更する。

設定 → 一般設定 → 

WordPress アドレス (URL) と サイトアドレス (URL)を「https:」に変更。

 

記事に挿入した画像や内部リンクのURLを、プラグインを使って一気に「https」に変更。

プラグイン「Search Regex」

使い方(参考サイト):https://lifool.com/wordpress-search-regex/

 

 

5.Google Search Console / Google Analytics

 

サーチコンソールは、「https」のドメインで新たにプロパティを追加。

「別の方法」を選択し、HTMLファイルをサーバーにアップロード。

googleefa×××.html をアップ。

サイトマップを更新し、サーチコンソールに追加もしておく。

 

アナリティクスは 管理 → プロパティー設定 → デフォルトのURL で

「https:」に変更する。

 

 

 

最後に

安全性がどれだけ強化されたか、サイト「Qualys SSL Labs」で確認してみましょう。

Qualys SSL Labs】 https://www.ssllabs.com/ssltest/

 

https 【HTTPS化】(SSL対応)にする方法 XREA編

 

TAGS: / / / / | 2018年5月20日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です