動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | 動画編集


動画の手振れをPCで簡単に補正する方法は、

無料ソフト「VirtualDub(バーチャルダブ)」で。

 

備忘録&レビューです。

 

バーチャルダブは公式サイトからダウンロード。

virtualdubhttp://virtualdub.sourceforge.net/

※ 32bit版と64bit版があるので、使うPCに合ったものをダウンロード。

現状の最新版は「virtualdub 1.10.4」。

 

VirtualDub 01 400x298 動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

 

ダウンロードした圧縮ファイル「VirtualDub-1.10.4.zip」を解凍する。

解凍したフォルダ「VirtualDub-1.10.4」の中身は、

 

VirtualDub 02 400x208 動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

VirtualDub.exe」をダブルクリックでソフトが開かれるのを確認。

開いたソフトは閉じておく。

 

 

次に手振れ補正用プラグイン「Deshaker」をダウンロードしてVirtualDubに追加。

Deshaker 公式サイト:http://www.guthspot.se/video/deshaker.htm

 

VirtualDub 03 374x400 動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

 

ダウンロードした圧縮ファイル「Deshaker」を解凍して、

フォルダ内のファイル「Deshaker.vdf」を「VirtualDub-1.10.4」フォルダ内の

pluginsに移動する。

※32bit版の「VirtualDub」は、フォルダ名が「plugins32」になっています。

 

 

VirtualDubは、基本的に「AVIファイル」の動画しか開けません。

そこで新たにプラグインを追加して「mp4」を読み込めるようにします。

導入プラグイン:FFInputDriver

ダウンロード先:https://sourceforge.net/projects/virtualdubffmpeginputplugin/

 

VirtualDub 04 400x267 動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

 

ダウンロードした圧縮ファイル「VirtualdubFFMpegPlugin_1849_X86_X64.zip

を解凍すると、

 

VirtualDub 05 400x88 動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

 

32bit版(plugins32)と64bit版(plugins64)のプラグインが格納されています。

どちらかのフォルダを開き、中身を全てvirtualdubの「pluginsフォルダ」に

コピペする。当方32bit版なので最終的なプラグインフォルダはこうなりました。

 

VirtualDub 06 400x173 動画の手振れをPCで簡単に補正する方法 導入ソフトはVirtualDub(バーチャルダブ)

※ スマホで動画撮影すると拡張子が「××.3gp」で保存される場合がありますが、

「FFMpegPlugin」を導入することで、これも読み込みが可能になります。

 


 

 

VirtualDubで手振れ補正する使い方

  1. VirtualDub.exeを開く
  2. [ file ] → [ Open Video file… ] 手振れ補正したい動画を開く
  3. [ Video ] → [ Filters ] → [ Add…] → [ Deshaker v3.0を選択 ] →
    [ OK ] → [ Pass 1を選択 ] → [ OK ] → [ OK ]
  4. シークバーが一番左にあるか確認し、再生ボタン(左から3つ目のボタン)をクリックして解析再生。
  5. 解析再生が終わったら
    [ Video ] → [ Filteres ] → [ 窓枠内のDeshaker v3.0(Pass 2)を選択 ] → [ 「Configure…」をクリック ]
  6. [ S elect processing pass の 「Pass 2」 を選択] → [ OK ] [ OK ]
  7. [ File ] → [ Save as AVI … ] → 名前を付けて保存する

 


 

ネックな事がありまして・・・

AVIで出力保存したファイルがかなり大きくなる。(2分くらいでも10GB超)

また、補正後の動画には上下左右に黒い部分がチラチラ出現するので、

そこらを再修正するのがちょっと面倒臭いかな。

でもフリーソフトながら手振れ補正した動画のレスポンスときたら、

脱帽もんです。

virtualdub は手振れ補正に超オススメだと思います。

 

 


 

追記

試しにGooleフォトスタビライズを使って見たんです。

ボタン1回押すだけで、手振れ補正してmp4に出力してくれる。

正直なところ「virtualdub」より優れていると感じた。

しまい

TAGS: / / / / / | 2017年9月23日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です