パソコン買って最初に初期設定しておくこと(Windows10 編)バックアップなど

Comment(0) | Trackback(1)

Categories | パソコン


パソコン買って、最初に初期設定しておくこと(Windows10 編)

備忘録

次回機を購入する時用に、備忘録しました。

下記6項目を短時間でやっつければ、

スムーズに旧パソコンから新PCへ移行でき、通常運転に戻れると思う。

 

 

1. PC管理者のアカウントとコンピューター名変更

Windows システムツール > コントロールパネル > ユーザーアカウント > アカウントの種類の変更

win10 01 400x203 パソコン買って最初に初期設定しておくこと(Windows10 編)バックアップなど

複数台のパソコンを利用しているため、ネットワーク共有等でごっちゃにならぬよう、

各PCに名前を付けている。

 

 

win10 04 359x400 パソコン買って最初に初期設定しておくこと(Windows10 編)バックアップなど

 

 

 

2. システム修復ディスク作成

Windows システムツール > コントロールパネル > システムとセキュリティ > ファイルのバッのクアップと復元 > システム修復ディスクの作成

win10 02 400x255 パソコン買って最初に初期設定しておくこと(Windows10 編)バックアップなど

参考ページ:システム修復ディスクの作成方法

http://yakudate.com/win10-repair-disk/

 

 

 

3. セキュリティをインストール

Win10には標準で「Windows Defender」が搭載されていますが、

有償の専門ソフトを契約「マカフィ」しているので、そちらを使うことにします。

 

参考ページ:【Windows10】セキュリティソフトは必要?

http://setsuzoku.nifty.com/koneta_detail/171213000458_1.htm

 

 

 

4. メーラーをインストール

Windows7では無償のLiveメールを使っていました。

しかし、2017年には配布が中止になってしまい、

代わりのものとして評価のよさげな「Thunderbird」を導入。

Liveメールからデータ移行が可能なのはうれしい。

 

ダウンロード先:https://www.mozilla.org/ja/thunderbird/

 

注)メールデータの保存場所を知っておくこと

後に、メールデータの丸ごとバックアップ設定をするので。

 

Thunderbirdのデータ保存先 (※1)

ローカルディスク(C) > ユーザー > user > AppData > Roaming > Thunderbird > Profiles

 

※既定値は、AppData  は隠しフォルダなので表示されない。表示させる設定に変更する。

コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>エキスプローラのオプションの、
表示タブ「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れる。

 

 

 

5. バックアップの設定

Windows10の場合、バックアップの設定は2通り。

HDD丸ごとバックアップ(システム イメージ作成)と、ファイルのバックアップ。

私が普段バックアップに利用している外付けハードディスクは1TB。

ちと容量不足感あるから、コンパクト(必要最低限)にバックアップしたい。

よってファイルだけのバックアップを選択。

 

スタートメニュー > 設定 > 更新とセキュリティ > バックアップ(左イドバー)

「ファイルのバックアップを自動的に実行」をオンにする。

「その他のオプション」でバックアップするフォルダを選択。

 

当方が必要とするバックアップのフォルダは2つ

1. デスクトップ

作ったファイルは、基本的にデスクトップにフォルダ作り、その中に保存している。

2. AppData

メール全般(※1)・ブラウザのブックマークが保存されている。

※Firefox のブックマークの保存場所

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxx.default\bookmarkbackups

 

win10 03 400x400 パソコン買って最初に初期設定しておくこと(Windows10 編)バックアップなど

 

「領域が足りなくなるまで」とした場合は、バックアップを保存するディスクの領域が足りなくなったら、古いバックアップから順に削除して空き領域を作り、そこに新しいバックアップを保存します。

 

 

 

6. 必要ないアプリをアンインストール

参考ページ1:Windows10の標準アプリをまとめてアンインストール

Windows10の標準アプリをまとめてアンインストール(削除)する方法

 

参考ページ2:Windows10 – PowerShellを起動する方法

Windows10 – PowerShellを起動する方法(管理者も)

 

以上

TAGS: / / / / | 2018年2月22日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です