モバイル ユーザビリティ ガラケーページの対処はこれで決まり

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | ホームページ SEO


春ぐらいに導入された、Googleウェブマスターツールの「モバイル ユーザビリティ」。

要はホームページをレスポンシブにしないと、今後Googleでの評価が悪くなるかもよ?

だから、それなりに修正しなさい。ってことのツールだと私は理解してる。

で、手始めに「ビューポートが設定されていません」の中で多かったガラケーの

ページを修正したんです。

携帯電話(ガラケー)のサイトをスマートフォンに対応

ガラケーページにビューポートを設定した。

 

ところが!一向にエラーが減少しない。

それどころか、右肩上がりにエラーが増えていく。

意味わからんよ。

3キャリアの携帯電話・スマホで問題なく表示されているのは確認済み。

なのに何故?

試しにGooglebotにはどう見えているか、確認できるところでもテストしてみた。

 

 

モバイル フレンドリーテスト

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

結果は・・・

0824 01 400x300 モバイル ユーザビリティ ガラケーページの対処はこれで決まり

「フレンドリーではありません」。どう言うことかさっぱり分かりません。

実際ガラケーページにビューポートを指定し、スマホにも対応させたタグはこうです。

 

<?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS”?>
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN” “http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” lang=”ja” xml:lang=”ja”>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS” />
<meta http-equiv=”Content-Style-Type” content=”text/css” />
<meta name=”viewport” content=”width=device-width,initial-scale=1.0,user-scalable=yes” />
一部省略
</head>

 

※3キャリアの携帯電話(ガラケー)に対応し、スマホでも問題なく表示可能。

しかも構文をチェックし、W3C準拠のコーディングですよ。

 

 

数日間こやつをどう攻略するか考え検証した結果、

モバイル ユーザビリティ ガラケーページの対処はこれで決まり

 

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta name="Description" content="" />
<meta name="Keywords" content="" />
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,user-scalable=yes" />
<title></title>
</head>

 

上記でモバイル フレンドリーテストしてみる

0824 02 400x300 モバイル ユーザビリティ ガラケーページの対処はこれで決まり

どういうことかと言うと、

 

Googlebotにガラケーページとして認識させるには、XML宣言をしちゃダメ。

 

<?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS”?>  は記述しない。

 

って、結論です。

w3cではXML宣言をすることが強く求められていますが、

現状ガラケーに関しては無視するしかありません。

XML宣言しなくても、PC・スマホ・ガラケーで問題なく表示されてます。

今後Googlebotのアルゴリズムが変更され、「XML宣言しなさい」の可能は、

すたれ行くガラケーだけに、低いのではないでしょうか。

TAGS: / / / / / | 2015年8月24日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です