Aviutl のフレームレートの設定は重要 備忘録

Comment(3) | Trackback(0)

Categories | 動画編集


Aviutl のフレームレートの設定は重要

備忘録

 

Aviutlで動画編集時に、気にしてなかったフレームレート。

これってすごく重要なことに最近気付く。

初期値は確か720fpsになっていると思う。

それを知らずに編集し、mp4で出力した動画を見ると、

まぁ問題ないものあれば、カクカク動きがおかしかったり、

場合によっては劣化が激しく露呈してしまうことも。

この差は全てフレームレートの設定ミスでした。

 

当方が動画撮影に利用しているカメラは、

パナソニック ウェアラブルカメラ(アクションカメラ)

撮影設定は、サイズ 1280×720 / フレーム率 29.27 フレーム/秒

これをAviutlで編集する場合、フレームレート(フレーム率)を

30・60・120と、3パターン試してみた。

30だと間引きすぎ。

60でまーまー見れる。

120が妥当かな。

それ以上だとファイルが重くなりすぎる。

 

youtubeにアップロードすることを前提に、フレームレートの設定を決める場合、

私的には 120fps が一番好ましいようである。

ただし、撮影するカメラによっては変更が必要そう。

 

AviUtlを開く

拡張編集上で右クリック 新規プロジェクトの作成

aviutl 01 Aviutl のフレームレートの設定は重要 備忘録

フレームレートの設定は「120」

割とキモになる設定。

しまい

TAGS: / / / | 2018年4月8日 |

« »

“Aviutl のフレームレートの設定は重要 備忘録” への3件のフィードバック

  1. しろう より:

    撮る動画によって違うと思いますが、こういうことを詳しく記述したホームページや書籍
    はないのでしょうか。私はカクカクうごかなければ、なんでもいいと思っています。
    120が適当と思って覚えておきます。

  2. HIZIRI HIZIRI より:

    しろうさん
    120fpsが妥当そうですが、
    当方の場合、元動画のフレームレートが30で、120fpsにて編集し、mp4に出力再生すると、若干の粗が出てしまうので、今は60まで落として編集しています。

  3. しろう より:

    管理人さん 回答ありがとうございます。
    本件、関連記事にもありますので、そちらの方にも目を通しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です