NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | スクーター


NMAX125純正タイヤ

ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態

今回の記事は、使い切った純正タイヤ(スクートスマート)の紹介です。

中古購入だから詳細は定かではないですが、

タイヤ年式から想像すると4.5年くらいは使用し、走行距離は27,544kmのタイヤです。

 

DSC 0160 1 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

フロント 2016年4週目

 

 

DSC 0161 1 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

リア 2016年2週目

 

まずはフロントタイヤから。

IMG 1026 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

 

IMG 1033 225x400 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

溝もあるし、まだ使えそうな感じしますが、

経年劣化でゴムが硬くなってます。元々このタイヤは硬いと聞きますが、

爪を強く押しあてて確認すると、弾力がなく爪痕も残りません。

IMG 1027 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

溝には多くのひび割れが見られます。

ちょっとした段差でもゴツゴツ感じます。バネが硬いのかもしれませんが。

私はビビリ屋で突っ込みが苦手の立ち上がり重視ですから、

フロントはそう重視していませんが、それでも最近のコーナリングときたら、

なーんかグリップ感がイマイチ伝わってきません。

ただ路面をタイヤが転がっている感じ。

 

次はリアタイヤの状態です。

 

IMG 1023 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

IMG 1035 01 225x400 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

フロントタイヤと同じく、溝にひび割れがありゴムが硬いです。

右側の鼻くそみたいなのがくっ付いてますが、正月にパンク修理した痕跡です。

そのパンク修理(1月5日)は、何かが刺さってパンクしたわけではなく、

以前パンク修理したゴムが吹っ飛んでしまったものでした。

でぇ、修理したものの、そこから少しずつエア漏れしてました。

ゴムが薄っぺらくなって、パンク修理して使えるタイヤではなかったよう。

 

IMG 1020 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

 

IMG 1017 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

注目していただきたのは上記写真↑ 鼻くその更に外側。

外周にグルっと角が出来てます。

バイクには長年乗っていますが、こんな症状は始めて見ました。

もしや欠陥タイヤ?

 

IMG 1014 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

交換の際、ピットスタッフにこの症状を聞いてみたところ、

断定はできないけど、

エアが抜けたまま走行すると、タイヤがよじれて負荷がかかり、

こんな角ができちゃうらしいが、明確なことは分からぬまま。

 

IMG 1078 400x225 NMAX125純正タイヤ ダンロップ スクートスマート(DUNLOP SCOOTSMART ) の使い切った状態は

噂通りのロングライフな純正タイヤの最後でした。

しまい

TAGS: / / / | 2021年1月19日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です