ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | パソコン


ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T

分解修理(チャタリング)

 

ワンクリックしたのにダブルクリックされちゃう。

ドラッグがうまく出来ない。

こんな症状はもう壊れてしまったと思っていましたが、

チャタリング」と呼ばれる症状だということをネット検索で知りました。

※チャタリングは接点復活剤を使えば元に戻るらしい。

 

以前購入したロジクールのトラックボール(M570T)がそんな症状で、

特にエクセルやっている時、イラっとしてて、

たまりかねて新しいもの(Logicool SW-M570)を購入しちゃいました。

 

でも、壊れたと思っていたM570Tを捨てなくてよかったです。

参考にしたホームページを元に、チャタリング修理を試みました。

参考ページ:パソ活ラボ http://pasokatu.com/14671

 

ところで、接点復活剤をホームセンターで買ってきたのですが、

クレだと、この手のやつが2種類あったんです。

DSC 0067 225x400 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

 

DSC 0068 225x400 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

 

コンタクトスプレーを推奨していましたが、

私は値段見て接点復活剤(No.1424)にしました。ウフフ

どうせ捨てようと思っていたマウスだし、

そう頻繁に使用することもなそうなで。

 

 

早速分解しましたが、

DSC 0081 400x225 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

手持ちのトルクスでネジ外せるはずが、

 

DSC 0084 400x225 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

小さいサイズがT8までしたなかった。

仕方なく、ちっちゃいマイナスドライバーで外しました。

 

DSC 0090 400x225 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

外すネジは5個。

 

DSC 0082 277x400 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

チャタリングを発症した左クリックのスイッチはココ。

 

DSC 0085 1 400x225 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

綿棒に接点復活スプレーをビヤーっと吹きかけ、

スキッチにチョンチョンと垂らします。

 

DSC 0086 400x225 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

そして5・60回くらいカチカチと押しました。

で、組み立てて試してみると、全然症状は改善されていません。

再度バラシて同じように綿棒でチョンチョン。

今度は100回以上カチカチとスイッチを押して組み立てました。

でもチャタリングしっぱな。

こりゃマジ壊れてるかも。

半分諦めのヤケクソ。

3回目のバラシ。

スイッチをビタビタになるくらい接点復活剤を垂らし、

手が疲れるくらいカチカチ。

そしてまたビタビタのカチカチ。

これでダメだったら破棄だな。

 

DSC 0089 400x225 ロジクール(Logicool)トラックボールマウス M570T 分解修理(チャタリング)

見事に復活しました。

エクセルもサクサク。

ちょっとした感動です。

よかったよかった。

しまい

TAGS: / / / / / | 2019年9月12日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です