ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | スクーター


ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

自分で修理される方は、「修理の前編」「修理の後編」もご覧ください。

と言うことで、

またアイドリング不調を発症したので修理しました。

アイドリング不調の症状は、

今時のエコカーじゃあるまいし、信号待ちでエンストしちゃう。

停止中、回転数上げてないとエンストしちゃう。

更に今回の症状は、エンスト後にエンジンが中々掛からない。

経験からして不調の原因は察しが付いてました。

ココです。

 

DSC 0097 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

シート下のチューブが劣化で千切れてしまうと、

低回転(アイドリング等)でエンストしてしまう。

悪さするチューブは赤線が引いてある2本です。

 

DSC 0097 01 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

左側のチューブは前・後編で修理したのできれいです。

今回は右側の根っこに亀裂が入ってました。

 

DSC 0098 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

軽くひねったら簡単に千切れましたが、

よーく見ないと亀裂が分かりませんでした。

 

DSC 0106 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

取り出したチューブです。

このチューブ交換はかなり厄介でした。

それは・・・

 

DSC 0102 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

これくらいバラさないと作業できません。

そして、うまーく剥がさないと噛み合ってる爪が折れます。

因みに私は2ヵ所折っちゃいました。

 

シート下のキャブから出ているチューブはタンク下まできてる。

こんな感じに(赤線)。

 

DSC 0102 1 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

「ココまで」の所は、タンクの真下。

拡大写真はこれ。

 

DSC 0101 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

タンク下に繋がれたチューブは、

タンク内に負圧を加えるためにエアを送るチューブなの?

もしそうだったら、エンスト後にエンジンが掛かりつらいのが納得いく。

圧が掛かっていないからガソリンが落ちづらい。

まいや。

交換後に問題なく症状が改善されれば問題ないし。

 

新しいチューブは前回修理した時に余ったやつ。

いい感じに長さが足りました。

 

DSC 0188 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

 

レンチをあてがって手を突っ込める隙間を作り、

やっとこさチューブをブチ刺し、ホースクリップ持ってなかったので、

結束バンドを代用してガッチリ留めた。

 

DSC 0105 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

 

DSC 0103 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

キャブ側も同じように繋いだ。

 

DSC 0109 400x225 ホンダ スペイシー100 アイドリング不調の修理 完結編

 

組み立てる前に、エンジン掛けてみる。

するとアイドリングでエンストしない。

回転数も安定している。

全部くみ上げ後に近所を試運転。

全く問題なし。

よかったよかった。

しまい

TAGS: / / / / | 2019年9月18日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です