リール(スピニングリール・ベイトリール)のメンテナンス 2019

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | フィッシング


リール(スピニングリール・ベイトリール)のメンテナンス

釣行後は出来るだけ雑巾で拭くようにしていましたが、

バラシて注油まではやってことがありませんでした。

購入後、2年くらいノン注油。

 

DSC 0037 1 400x225 リール(スピニングリール・ベイトリール)のメンテナンス 2019

現状手持ちのリールは3個です。

SHIMANO CASITAS MGL 101 HG

SHIMANO COMPLEX BB 2500S F6

SHIMANO ALDEBARAN BFS XG

 

使用頻度はアルデバランを一番使ってますから、

それなりに外装はまーまー傷が入ってます。

 

そもそも何故にメンテしたかと言いますと、

前回、田貫湖でバス釣りした際に、

色々レクチャしてくれた地元バサーさんに指摘されたんです。

「これ、注油してます?」

 

確かにハンドルが重くなっていたかも。

ベールもぎこちないかな・・・

 

取り合えず購入時に添付してあった油を使うわけですが、

メンテ方法として、Youtubeで検索しやってみました。

簡単に外せるスプールの心棒に少量垂らし、

スピニング本体には注油口があるので、そこから少量注油。

後は細かいところの汚れは綿棒使ってクリーニング。

その他、動画を参考に。

 

 

 

 

今まで結構油が足りなかったようで、

注油後はハンドルが軽く回せるようになったことが体感できる。

長い期間、快適に使うにはメンテって大事ですね。

 

DSC 0036 1 400x225 リール(スピニングリール・ベイトリール)のメンテナンス 2019

今回は添付品の油を使いましたが、

次回までには専用グリスを買ってこようと思っています。

そして全バラもチャレンジしてみようかと。

しまい

TAGS: / / / / | 2019年8月28日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です