YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | YouTube スクーター


YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバー

amazonで購入しました。(¥2,658)

DSC 0309 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

某YSPで販売されていたのをネットで見つけ、問い合わせてみたところ、

在庫はないし、入荷も未定だということで、

似たようなものをアマゾンで見つけて買いました。

因みに純正品は¥1,287です。

 

アマゾンの配送は超早いイメージですが、この商品は発送元が中国で、

届けられるまでには2週間掛かりました。

中国産って、ア・ヤ・シー先入観があり、ドキドキしながら開封しました。

 

DSC 0299 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

 

01 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

レビュー動画もありますのでご覧ください。

 

 

で、案の定でした。

 

DSC 0303 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

 

DSC 0305 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

 

DSC 0306 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

キズかと思いきや、クリアの吹き方に若干の問題があるよう。

見えないところだから、まぁ、良しとしますけど、爪でこさぎ落とした。

その他は、キズなし・手あか(指紋)なし。

ただですね、LEDテールランプもそうだったんですが、

梱包の仕方が雑でした。

 

裏側のカーボン調のシート貼りも雑です。

DSC 0302 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

まぁ、値段が値段だけに、これくらいは目をつぶります。

基本的には本体は純正品か、パクッて製造したかのどっちかで、

それにカーボン柄の何かを貼り付け、仕上げにクリア塗装したんであろう。

 

取り付け方はいたって簡単。ボルト3本外すだけ。

5分をあればノーマル外して取り替えられます。

だから取説も必要ない。

注意するところと言ったら、ラジエーターのコアはメッチャやらかいから、

もし汚れていても、雑巾とかで絶対にふき取らない。

簡単にコアが潰れますから。

気になったら水でシャーっと汚れを洗い流す程度でもキレイになります。

 

0407 01 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

取り付けた感想としては、カスタム感あって目立ちます。

カーボン柄は若干わざとらしいリアル感ましますが、

ちょっと引いて見ると、

マフラーエンド(ビームス)のカーボン(本物)とそう変わりないような。

 

0407 02 400x225 YAMAHA NMAX125 カーボン調ラジエーターカバーを取り付けました

今回はそれが狙いだったりもします。

カーボンコーディネイト ウフフ

あとはリアインナーフェンダーをカーボン柄でラッピングすれば、

更にコーディネート感が増すと思うから、その内やります。

しまい

 

TAGS: / / | 2021年4月7日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です