【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

Categories | YouTube 家電 フィッシング

ラインカウンター 開封レビュー インプレッション

プロックス IC デプスチェッカー

釣行記2021 11月 P.28 釣行時間:16:00 ~ 17:00

晴れ クリアウォーター 微風

 

DSC 0483 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

長靴(日本野鳥の会 バードウォッチング長靴)に引き続き、ラインカウンターのインプレです。

以前購入したデプスチェッカーは、先月飛距離計測を行った際、多摩川に落としてしまい、

新に同じものを購入しました。

【多摩川 バス釣り】飛距離測定中にやらかした連発 代償はいくらなん?|釣行記2021 10月 P.26

 

3年前に購入したデプスチェッカーは、

アルデバランにラインを巻いただけの動画(youtube)を作成しました。

その動画は不評だったようで、低評価を多くいただきました。

これといってレビューした訳でもなかったからなのかな?

 

 

そう高価なものでもないけど、折角買い直した新品のラインカウンターですから、

バス釣りのネタ的に良さそうだったので、開封レビューからインプレまで記事にしてみました。

 

DSC 0482 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

入手先 Amazon 価格:¥2,824

 

私の利用方法は、リールのライン巻きと、たまにルアーの飛距離計測です。

いつも使ってるラインは、「 シーガー フロロマイスター320m 」フロロカーボン。

安いからコレばっか使ってます。

アルデバランBFSには40mで、その他は80mを巻くようにしています。

そこで活躍するのが「デプスチェッカー」です。

 

DSC 0484 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

操作ボタンは3つしかないので、取説読まなくても直感的に操作できると思います。

液晶画面裏側の蓋をコインで開けて、ボタン電池(CR2032)を入れて使います。

ドライバーだと蓋が傷つきやすいから、コイン(500円玉)がおすすめです。

 

vlcsnap 2021 11 22 14h25m30s232 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

 

vlcsnap 2021 11 22 14h30m21s498 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

 

液晶部分は好みで角度が変えられますが、

個体差によって緩くてクルクル回りやすいかもしれません。

 

DSC 0487 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

 

ボタンの説明

取説読めば済むことですが、購入前の方に軽く説明します。

 

DSC 0490 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

右から

電源ボタン(POWER)

2秒以上長押しすると電源がON。 ON状態で2秒以上長押しすると電源OFF。
1度押すとカウンターリセット。

単位ボタン(m/ft)

一度押すとバックライト点灯。2秒以上長押しするとメートルとフィートに単位が切替わる。

メモリーボタン(MEMORY)

残しておきたい測定値を最大10個メモリー出来る機能。
ボタンを押してメモリー番号を決めたら長押し。

 

ボタン類は、最初は強く押さないと切替わらないですが、使ってるうちに軽くてもOKになってくる。

 

 

多摩川 インプレッション

 

001 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

キャスティング後、デプスチェッカーをロッドに取り付けて計測しますが、

液晶画面の裏側にあるロッドクリップは、バネが割かし強いから取り付け方に悩む。

事前に何度か取り付け方に慣れておいた方がいいと思います。

でないとアタフタしてる内に、下手するとルアーが根掛かってしまうから。

 

002 400x225 【多摩川 バス釣り】プロックス IC デプスチェッカー 開封レビューとインプレッション

ローラーにラインを1回転巻き付けてます。

これは簡単にできます。 後は巻くだけ。

 

デプスチェッカーはもう3年も使ってますから、使い慣れてきましたが、

ネックなこともあります。それはタックルバックの中でかさばるということ。

それから取り付け際にうっかり落下しやすい。

測定の精度はしっかり測った訳ではありませんが、結構良さそうです。

電池の持ちは、3年で電池1個で賄えてました。

そんなところのインプレでした。

 

※ラインカウンターを取り付けてキャスティングすると投げづらいです。
また、落下のことも想定し、キャスト後の取付け計測をお勧めします。

 

Comment(0) | Trackback(1)

TAGS: / / / / | 2021年11月21日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。