【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

Comment(2) | Trackback(0)

Categories | フィッシング


【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)

釣行記2019 11月 P.37

釣行時間:AM10:10 ~ PM4:20

快晴 午後から北風強し

まーまークリア

ランガン 1バイト ノーフィッシュ

 

日の出まで雨振っていたので、やんでからの多摩川入り。

この時季には珍しく、日の出後、気温がグンと上昇して20度超え。

10時10分 釣行開始。

 

DSC 0001 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

 

使用タックルは、

ベイト(カシータス)&ベイトフィネス(アルデバラン)。

 

DSC 0009 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

護岸を結構な距離歩いた(ランガン)。

歩き疲れそうなことを予想し、携帯(100キン)の折りたたみ椅子持参。

これは大正解。

 

DSC 0002 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

 

先ずはベイトフィネスで巻いてみた。

川幅が広いポイント用に、シャッドテールを遠投仕様にチューニング。

レンジを気にしながらリトリーブ。

台風の影響で砂利が堆積し、以前以上に広範なシャロー。

鯉が何匹も死んでいた。コレも台風の影響か?

ベイトが全然いない。

鯉すら見かけない。

 

DSC 0003 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

投げ散らかしながら上流へと歩きランガン。

途中、常連ぽい鯉士と雑談。

情報収集ね。

その鯉士が言うには、

台風でかなりの数が下流へと流されたんぢゃね。

バスは堤防に打ち上げあられ死んでたね。

だから、今年はもうここ(稲田堤)は終わったね・・・。

それでもミラクルを期待し、上流へ投げ散らかし行った。

ノーバイト。

魚影も見ることなかった。

 

下流へと折り返してく。

ここからはカシータスへとスイッチ。

魚影すらみないのなら遠投かもとの思惑で、

ヘビダン。

 

1118 01 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

HPバグ1.5でリーダ長め(45センチくらい)のシンカー7グラム。

リグ法は何となくで、特に意味ナシ。

とにかくすっ飛ばしたかったから。

追い風も加勢し、気持ちよく遠投できる。

そしてズル引き。

 

途中、バス釣り初心者っぽい親子と遭遇。

つい声かけてしまう。

 

1118 02 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

そして熱くなり、

自分の釣りもほったらかしていろはをレクチャー。

今思うと、

かなりお節介なおっさんをやらかしてしまってた。

カンちゃんだったけな。

お菓子ぱくってごめん。

 

長く続く護岸を下流へと、

フィネスでテクトロ。

「テクトロ」って言葉は、ごく最近知った。

テクテクとトローリングの略らしい。

 

1118 03 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

途中、すれ違いざまにイケメンの常連らしきバサーと情報交換。

なるほどね・・・

やっぱ台風後はさっぱりらしい。

 

さらにテクトロしながら下る。

 

1118 04 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

台風くる前までは子バスが溜まっていたポイント。

堰手前の右側へと流れ込む水路口。

全く魚影見ない。

更に更に下流へ。

 

1118 05 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

堰下。

ココはやばく地形が変わっていた。

本流だった流れが砂利でせき止められ、東京側へと流れ込んでる。

だから川崎側は水路からちょろちょろ流れてくらい。

ほぼ池やね。

こっちは下流側。↓

 

DSC 0011 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

川幅は10メートルくらいかな。

浅いから魚の隠れそうなところない。

投げるとこねーし。

取り合えず水路から流れ出るとことに投げてみる。

 

1118 07 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

水面まで2メートルくらいの高さからキャスティング。

水路奥からの強風でルアーが押し戻される。

しかも柵越しだから投げずらいこと。

高い位置から巻いていると、どうしてもトップを流してる感じになるな。

と、その瞬間、

水中からワシャーって食い上げてきた。

紛れもなくバス。

しかもデカイ。

ビックリして即あわせたらすっぽ抜けた。

トップでバイトしてきたのは初体験。

すごい。

釣れやしないけど心臓がバクバクした。

何か今日の釣行はこの一撃だけで満足してしまった。

 

DSC 0014 400x225 【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37

バスが居なくたって、

探してみれば意外なところに居る。

多摩川はまだ終わっちゃいない。

それを実感した釣行でした。

 

明日はもっと上流を攻めてみようと思います。

しまい

2019年 釣行37回・釣率24.3%(9/37

TAGS: / / / / / | 2019年11月18日 |

« »

“【多摩川 バス釣り】いつものポイントは台風後に激変の2019(秋)|釣行記2019 11月 P.37” への2件のフィードバック

  1. カンタと父親 より:

    ヒジリダさん、この前はバス釣りをレクチャーいただきありがとうございました。カンタの父親です。釣れませんでしたが、すごくタメになりました。息子も喜んでました。また行ってみようと思います!

  2. HIZIRI HIZIRI より:

    お節介やらかしてすみませんでした。
    親子で釣りするのって憧れます。
    カンタ君にもよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です