NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | スクーター


NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

前回のヘッドライトの傷消し施工は、全く知識のないまま自己流で失敗しました。

その費やした時間はホント勿体なかったです。

 

ヘッドライトの傷消しにチャレンジした失敗談 NMAXスクーター

 

そこで、色々とネットで情報を入手し、良かれと思う小道具を購入して、

再度キズ消しにチャレンジした結果、きれいにキズを消すことができました。

根気さえあれば、意外と簡単に自力修復は可能だと確信。

ってことで、ヘッドライトの自力傷消しをレクチャーします

 

ホームセンターで買ってきた小道具を、使う順に紹介します。

2,000円もあれば全部揃えられると思います。

 

DSC 0240 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

1. ♯180 耐水研磨スポンジ ブロックタイプ

耐水ペーパーの方が安かったけど、曲面になじみそうだったのでこれにしてみた。

 

 

DSC 0232 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

2. 耐水研磨スポンジ(厚さ5mm) 3種類

これも曲面に良さげそうなので、

写真の右から♯320~600・♯800~1000・♯1200~1500相当。

 

DSC 0233 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

3. 言わずと知れた「ピカール」

 

 

DSC 0235 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

4. 磨きの仕上げ用に。(ガラス系コート剤付き)

 

作業工程は、

根気よく研磨スポンジで磨いていくことが、全体のほとんど占めています。

作業に入る前、他が傷つかない様にマスキングします。

 

DSC 0236 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

拡大すると↓↓

 

DSC 0237 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

先ずは厚さ5mmの研磨スポンジ(♯320~600)で30分ほど磨きましたが、

一向にキズは消えません。これくらいの番手だったら消えると思ったのは誤算でした。

らちあかないので、もう少し粗目のスポンジをホームセンターに買い出し。

 

DSC 0240 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

磨きのスタートラインにやっと立てました。

ケチらずこれくらいから購入しておけばよかったです。

いよいよキズ落とし施工スタート。

 

0424 03 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

「♯180研磨スポンジ」で、30分程度削ってキズのほとんどが落ちました。↓

 

DSC 0245 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

傷の根の部分「点」は残っていますが、

これ以上削ると鏡面が平面?になりそうだったし、

最終仕上げの鏡面で誤魔化せるんじゃないかと、次の工程に移る。

 

スポンジに適量水を含ませます。

 

 

DSC 0239 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

DSC 0246 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

今度は「♯320~600相当」のスポンジで磨いていきます。↑

が、 どれだけ擦れば下地の粗削りが均せるの?

凝視してもイマイチわからない。

そこで、ヘッドライトを点けてみたら、

下地の削りが残っているのが良く見えました。

これは結構キモ的だと思う。

「下地の均し確認はヘッドライト点けて確認せよ」

 

 

DSC 0248 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

「♯320~600研磨スポンジ」↑ で削り終わ状態で、

次に、♯800~1000スポンジで削っていきます。

 

 

DSC 0247 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

「♯800~1000研磨スポンジ」↑ で削り終わ状態。

次に、♯1200~1500スポンジで削っていきます。↑

 

 

DSC 0249 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

♯1200~1500スポンジまで削った状態です。↑

少し透明感が出てきたので、ここまでやるともう削ると言うより磨くが正しいかもね。

研磨スポンジでの磨きはここまで。

仕上前の仕上げで「ピカール」で微細な擦れを落としてく。

金属専用だけどコンパウンドには間違いないし、なんせ安いもんね。

マスキングしたところよりちょい広範囲に磨いていきました。

気が済むまで根気よく磨きました。

 

DSC 0250 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

ピカールで仕上げた状態↑

 

これはこれでいいかも、くらいの透明感ですが、

更に最終仕上げに入ります。

 

ワクワクドキドキしながらマスキングを剥がす。

 

0424 01 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

0424 02 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

マジ終わりにしてもいいくらい。

ホボ完治。 いい感じ。 ニンマリ

ですが、

完全修復を目指すべく、クリアさをキープするためにコーティングします。

 

0424 04 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

「ヘッドライト本気(ガチ)コート」の下地剤

 

0424 05 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

 

気の済むまで磨き込み、最終工程のガラスコーティング。

 

0424 06 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

「ヘッドライト本気(ガチ)コート」のガラスコート剤

 

取説には「1回での厚塗りは禁物」とな。薄く塗るだけで良さそう。

勿体ないからそうします。

残りはアコードに使っちゃお。

 

0424 07 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

コート剤が乾き(1時間程放置)、施工終了。

完全・完璧修復までと大げさには言えませんが、やった本人はそう思ってます。

 

DSC 0287 400x225 NMAXスクーターのヘッドライトの傷消し 勝算は根気

キズがキレイに消えたぁ!!

 

しまい

 

TAGS: / / / / | 2020年4月24日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です