YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

Comment(0) | Trackback(0)

Categories | YouTube スクーター


YAMAHA NMAX125 ABS

初乗り(ファーストインプレッション)

街乗りレビュー

 

昨日、ナンバープレートが付き、初乗り&街乗りしてきました。

でぇ、私的ファーストインプレッションっと言うことでダダァッと記事ります。

001 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

私は過去にスクーター(原付2種)は数台所有していました。

それらの経験から、NMAX125に初めて乗った感想を書いていきたいと思います。

 

スタイリングはさて置き、真っ先に体感したのはボディーウェイト

両グリップを握り、押しながら方向転換しすると、思いのほか車重の軽さを感じる。

えっ!カルぅ、って感じ。

原2では大きいサイズだけど、そのサイズから想像できなかった。

 

 

走行前のインプレ

 

サイドスタンド

IMG 0438 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

跳ね上がっていないとエンジン掛からないシステム(安全装置系)。

私は良く忘れる方だから、

「え!セルが回らん。壊れた?」と一瞬焦ってしまうことがたたあります。

コレは慣れなんでしょうね。

じゃ暖機運転は跨ってやらなきゃいけない?

その為のセンタースタンドでもあるのかな・・・

(センタースタンド立ててる時はエンジン掛かる)

走り慣れてくるとコーナーでセンタースタンドを擦りそうだから、

外そうと思っていたんだねどね。

 

サイドスタンドの安定感悪し。

ちょっと前下がりの場所に停めると、車体がズリズリ動き出して勝手に倒れそう。

実際にこれ経験したけどギリセーフでした。

前上がりの場所に停めること必須。

 

シート&足付き

DSC 0067 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

跨る時、足がシートの先端に当たりやすい。

だから擦ってシートを傷つけてしまう。

 

シートは硬くもなく、かといって軟かでもない。とても座り心地が良い。

よほど良いあんこを使っているのかな。長距離でも疲れなさそう。

また、表皮には縫い目がないのも高評価。

DSC 0066 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

過去の経験から、縫い目があるシートは、経年劣化でほころびやすいし、

浸水しやすかった。

折角良いシートなのに、硬すぎるサスが台無しにしてるよう。

 

短足の私には若干シートが高め。

今後、車高を下げることを視野に入れる。

 

シート下の収納

DSC 0078 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

広いには広いけど、深さが意外とないからフルフェイスを入れるのは難しい。

横にして入れてみたけどギューギュー。シートも押し付けないと閉じない。

無理して入れられたとしても、多分シート下のベースでメットが傷ついてしまう。

良かった。ジェットヘル派で。

概ね、ヘルメット(ジェットヘル)とグローブを入れられるスペースだろう。

ヘルメットは頭頂部を下にして収納するように、底が丸くえぐられている。

 

給油キャップ

DSC 0065 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

歴代のスクーターは全てシートの中にあったから、

給油の時に毎回シートを開けるのがめんどかった。

これからは重宝しそう。

欲を言うなら、ちょうつがいみたいなのが付いていて外れない方がいい。

いちいちキャップを置かなくてもいいから。

 

メーター

DSC 0072 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

初めてのデジタルメーター。ちょっとしたゲーム感覚気分。

どちかと言えばアナログの方が好みです。

古い人間ぽい私だから、デジタルは信用できない系。

でも、昼夜問わず、スピード計は良く見えるから〇。

瞬間燃費系・・・私的にこれいらん。

出来ればタコメーターだったら言うことなし。

見やすい時計は通勤時に重宝すること間違いなし。

ボタンをプッシュすると、色んな機能が備わっているようだが、

私的に、電圧・油温・気温もあったら100点満点だったな。

 

マフラー

DSC 0076 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

高熱になるマフラーを覆うカバーはちょっと大げさ。

ココにマフラーがいらっしゃいますよと、存在感ある。

どうなんでしょうね・・・社外に換えたい。

 

アイドリングは、予想をはるかに裏切る静かさ。

暖機運転派には好ましい。

近所迷惑にならないから。

 

 

街乗りで実際に走ってみての感想。

 

ハンドル&ミラー

DSC 0069 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

ハンドルは、小さい私でもベストポジションが取れる幅と高さ。

計算しつくされた設計になってるんだと思う。

ハザード・パッシング機能が備わっていたら100点。

ハンドル越しからのメーターも見やすい。

ハンドルからニョキっと生えているミラーは、後方の視野を十分に確保。

かといって、車体からはみ出しが最小限に抑えられている。

街乗り、特にラッシュ時のすり抜けにはイケテル。

002 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

 

乗り心地

003 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

街中(都心)だと路面の継ぎ目が多くあるのですが、

大小問わず、そのギャップをことごとく尻に感じます。ゴツゴツと。

サスが結構固い。これはイケテません。

2ケツ時は倍増します。

近い将来、確実にサス交換します。

 

ブレーキ

DSC 0075 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

凄く効きが良い。

特にリアブレーキは簡単にロックさせられる程。

前後ディスクブレーキの効く比率は、前4後6くらいに感じる。

それって、フロントにABSが備わっている兼ね合いなのか?

それともリアに太いタイヤ入ってるからなのかな?

私的な前後のブレーキバランスは、フロントの効きが6割ほど欲しいところ。

スタンダードサイズより大径なディスクに交換する味付けでカバーできそうな・・・

 

加速(エンジン性能)

004 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

原2らしからぬ加速。

過去に所有していたスクーター(原2)の中で、群を抜いた加速。

80キロくらいまではストレスなく加速していく。(最高速はまだ未経験)

これで原2とは。

あっぱれ!

更に、ちょっとした上り坂でも失速することなくグイグイ上ってく。スゲー

このクラスのトルクとしては、申し分ないんじゃなかろうか。

 

Tmaxシリーズの末っ子であるNmaxでありますが、

60キロぐらいからがTmax独特のサウンド(排気音)を彷彿とさせる。

耳をダンボにしていると、「そっそぉ、このサウンドは似てると」思うはず。

 

安定感

005 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

ストップアンドゴーの多い都心(街中)では、渋滞などでダラダラ運転を余儀なくされる。

原2でダラダラ走るとふら付くここがないですか?

直立のバランスを取りずらい。でも、NMAXはそれがないのです。

低速走行時の安定感がよい。

10キロ程度で走行すると、その挙動が良くわかります。

これは、タイヤがクラス最大ともいえる太さ?が、もたらすものであろうか。

それともフレーム剛性が優れているのか。

どちらにしても、安定感は抜群です。

 

ライト

DSC 0071 400x225 YAMAHA NMAX125 ABS 初乗り(ファーストインプレッション)街乗りレビュー

ヘッドライトのデザインはいかついイメージ。

LEDヘッドライトが明るくてグッド。

スモールのオレンジ色が気になる。

どうせだったらスモールもLEDでいんじゃね?

そんなところです。

 

 

追伸 2週間程、通勤でNMAXに乗ってみて・・・

乗り降りには大分慣れてきて、シートの先端に足をぶつけることは無くなった。

硬いサスには若干慣れたとはいえ、やはりゴツゴツ感は気になる。

当初は「瞬間燃費系・・・私的にこれいらん。」だったのが少し変わる。

気にして見ていると、

燃費を伸ばしてくれるアドバイス的なところがあるから、

低燃費走行の学習になります。

「瞬間燃費系・・・エコな走りにはグッド」と見解を変更します。

 

燃費

街中(通勤等)での燃費は約41キロ。タンデムで約39キロでした。

以前乗っていたスペイシー100よりも伸びています。

ブルーコアエンジンのお陰ですかね。

 

TAGS: / / / / / / | 2020年2月8日 |

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です